人毛と人工毛の比較

日本人女性の理想的な髪をリアルに再現した人工毛を採用

今回採用している人工毛は、高分子処理による凹凸加工が施されており、人毛のようなツヤ感を実現!さらに、かつてないほどの柔らかな感触、なじみやすさ、スタイルキープ力も高いうえに形状記憶毛なので、お手入れ簡単なのもポイントです。

一般的な人毛 弊社人工毛
パーマ 内部組織が壊れているため、スタイル保持が短期間 130℃以上のアイロン処理で長期スタイルをキープ(形状記憶)
切れ毛 栄養がいかないため、損傷しやすく絡みやすい、切れやすい ダメージによる切れ毛は少ない。引っぱり強度は人毛より高い
ツヤ ツヤ 栄養がいかないため、損傷しやすくツヤがなくなる 熱処理によりツヤ調整可能
お手入れ ノンシリコンシャンプーの使用不可 ノンシリコンシャンプー使用可能(市販のシャンプーでOK)
耐熱 約110℃ 約180℃(ドライヤーOK)
TOPページに戻る